日刊スポーツ
パドレス傘下のマイナー3Aエルパソの牧田和久投手(34)は2日、2年契約の2年目だった今季のマイナーでの全日程を終え、今後について「全く決まっていない。(日本のプロ野球も)視野には入れている」と明らかにした。

牧田のMLB挑戦は、かなり期待したが、残念ながら失敗に終わったと言ってよいだろう。

キャリアSTATS

Makita K


NPBを代表するサブマリン投手だった。鋭いスライダー、シュートが売りで、先発でも救援でも活躍した。
これがMLBで通用するのか、大いに楽しみだったが、パドレスでは被本塁打7本を食らって失格の烙印を押され、以後はMLBに昇格することもなく、今季後半にはAAで投げていた。

日本復帰は当然の流れだ。2年歳を食ったが、投球術が錆びついていなければ、まだ十分に通用するだろう。

西武は菊池が抜けて投手陣がかなり弱体化している。中継ぎで牧田が復帰すれば重宝するだろう。
MLB挑戦は失敗することもある。
ぜひ、もう一度あの美しいフォームを見てみたいものだ。

IMG_7984



「宇佐美式勝利打点」を調べてみました・2019|8月25日まで

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!