昨年は、キャリア最多の75試合に投げた。その反動が今年になってきたようだ。

どちらかといえば、平野のほうが苦しいだろうと思っていたのだが。

キャリアSTATS

Hirano-Y


NPB時代には割と打ち込まれるシーズンも多く、かなり大雑把な救援投手という印象があった。

しかしウィニングショットのフォークがMLBでは通用して、1年目は優秀なセットアッパーとして活躍。
ただし、75試合登板は、キャリア最多。ナ・リーグでも5番目の多さだった。

おそらく今季は成績が落ちるのではないかと思っていたが、案の定だった。

奪三振が減って四球数は変わらなかった。被安打が多くなった。投球を覚えられたという部分もあっただろうが、疲労も残っていただろう。

8月17日には右ひじの故障で10日間のIL入り。8月末には復帰かと言われたが、まだ登板していない。マイナーでも投げていない。
成績は悪化したが、まだ戦力だ。ダイヤモンドバックスは西地区2位だが、1位と18ゲーム差。しかしワイルドカードの可能性が残っているから、戦力として復帰させたいはずだ。

2年契約の2年目、来季は未定だ。FAになっても戻ってきていい仕事をすれば評価は上がる。ここから挽回してほしいものだ。

IMG_3127



「宇佐美式勝利打点」を調べてみました・2019|8月25日まで

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!