メディアは「公開説教」が大好きだ。U18の例の仲井コーチの叱責も「公開説教」だったのだという。

東スポによれば台湾戦の後に

雨天中断中に一部の選手が鼻歌を歌うなど締まりのない雰囲気で、敗戦後、見かねた仲井ヘッドコーチがバスに乗り込む前のナインを集め「ええかげんにせえよお前ら! 負けてこんなん言いたかないが、我慢の限界や。裏方のセンセは徹夜でデータ作ってくれてんねんぞ。それを歌なんか歌いよって、ええ!? 虚勢張んなや!」と一喝。車内でも永田監督が「お前ら(全国の高校球児)15万人の代表やぞ。やる気のないやつはユニホームを脱げ!」とあらためてナインをたしなめ、気まずい沈黙が訪れた。

ということだったようだ。
私は前半戦だけ機帳の試合を見ていたが、侍ジャパンはいい雰囲気だと思った。みんな笑顔だったし、言葉も弾んでいた。奥川は試合には出なかったが、ナインのサポートでかいがいしく動いていて、常に白い歯を見せていた。奥川みたいな選手が増えて、高校野球の雰囲気は本当によくなったと思っていたのだが、首脳陣はそれが気に入らなかったようだ。
広岡達朗と頭の中身はそう変わっていない。

IMG_7916


裏方がデータを取るのは仕事である。徹夜になろうとそれをしなければならないからやっている。当然のことだ。選手は当然、裏方の仕事に感謝すべきだが、それを重荷に感じてはどうしょうもない。

毎度のことだが、コーチも指導者も「選手を連れてきてやって、試合をさせてやっている」と思っているようだ。これ、完全な間違いである。
プレイヤーファーストの考え方では、監督、コーチもスタッフも「選手がベストのプレーをするために、お世話をする裏方」である。英語では監督はマネージャーなのだ。その裏方が「負けたから」と言って、選手を叱責する。今のスポーツではありえない。

スタッフの一人は「代表選手は各校の練習環境や指導方法もそれぞれ。東邦や桐蔭学園など、最近はエンジョイベースボールで怒られたことの少ない子もいる。あれで萎縮しないといいのですが…」

スポーツの世界で、大きな試合に必要なのは「リラックスすること」だというのが定説になっている。日本人は大舞台でプレッシャーでがちがちになって敗退することが何度もあった。高校野球の指導者は勉強不足だから、メンタルトレーニングなど知らないのだろう。

今まで侍ジャパンU18が世界で勝っていないのは、選手の能力ではなく、指導者や運営者の能力不足であるのは明らかだ。15万人の代表である日本の高校野球の代表選手が、はるかに競技人口の少ない国に負けるのは、大人たちがちゃんとマネジメントとしてこなかったからだ。それを子供の「精神力不足」であるかのように決めつけるのは、責任転嫁であり卑怯だ。子供はどんな環境でも一生懸命に野球をしてきた。彼にはそれしかないのだから。

今の高校球児は、指導者よりもはるかにまともでしっかりしているから、馬鹿な叱責で委縮したりはしないだろう。
昨日は奥川が好投したが、これからも「昭和頭」のあほなおっさんのガミガミ声は聞き流して、のびのび野球をしてほしいものだ。

IMG_7677



「宇佐美式勝利打点」を調べてみました・2019|8月25日まで

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!