一線を退いてからずいぶん長いことになるが、それでも松坂世代の成功者の一人だろう。

この選手は、高校から野球を始めた。中学時代はバスケ部にいたという異色の経歴だ。

キャリアSTATS

Nagakawa


広島県新庄高校から亜細亜大を経て2002年自由獲得枠で広島に入団。

188㎝の大型で、1年目からクローザー。2年目に4試合だけ先発に回ったが、ずっと救援投手だった。

2006年にふたたび、クローザーになり、4年間、一線級で活躍。1年目とこの4年の5年間で157セーブを挙げた。この時点では藤川球児165セーブと並び、同世代を代表する救援投手だった。

しかし以後は2セーブ。セットアッパーとして2014年は52試合に登板したが、全盛期の勢いはなく、二軍生活が長くなっていた。

速球とフォークが売りの投手だが、2010年以降は、フォークが落ちなくなり、一線で投げられなくなった。

しかし広島のクローザーとしては津田恒美(90セーブ)、佐々岡真司(106セーブ)、現役の中﨑翔太(115セーブ)、大野豊(138セーブ)らを抑えて史上1位。
球史に残る選手だったのは間違いない。


「宇佐美式勝利打点」を調べてみました・2019|8月25日まで

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!