テコンドー協会は、すごいなと思う。組織を維持するためには、どこまでも面の皮を厚くする。申し訳ないが、金原会長にとって岡本依子副会長など、赤子の手をひねるようなものだろう。



金原会長という人物は、長野県で水商売をやっていて、テコンドーの経験は皆無とのことだ。
そんな人物が、スポーツ団体に乗り込んで、なぜ権力を掌握できるのか。
そして選手があれほど反旗を翻しても、なぜ、組織がなかなか揺らがないのか。

もちろん、金原会長がいわゆる「豪腕」で、乱立する団体間で優位に立つことができ、幹部を強権的に掌握できたことが大きいだろうが、その背景にはスポーツ界に強く残る「硬直化した人間関係」があると思う。

野球もそうだが日本のスポーツは、指導者と選手、先輩と後輩の絶対的なヒエラルキーが存在する。指導者の言うことは絶対、先輩の言うことには服従。

こういう体質で育った人間の多くは自分で判断ができなくなり、「誰かに指示されないと動けなく」なる。日本のサラリーマンに多いとされる「指示待ち族」のきついやつだ。

def6d9c08bbc91196d18a756ad099835_m


こういう人間は「自分だけの責任で何かを選択したり、行動すること」に強い不安を感じる。「誰かの後ろ盾が欲しい」「誰かに指図してほしい」「誰かが責任を取ってほしい」という欲求を常に抱えている。

そんな人の集まりに、金原会長のような「権力掌握術だけすごい」人間が入り込むと、頼まれもしないのにその人物の下に集まって尻尾を振りだすのだ。
誰かの指示に従っていればよい、自分が責任を取らなくてもよい体制ができることに、ほっと一安心するのだ。

是非論で言えば、選手の方が正しいに決まっているが、幹部にとっては「金原体制」という「安らぎの場」がなくなることは、非常に恐ろしい。だから、組織防衛に走るのだ。

テコンドーだけでなく、レスリングでも、ボクシングでも、アメフトでも、そして野球でも、傍から見ればおかしいとしか思えない体制がだらだらと存続するのは、そのスポーツの上層部に、自分では何も判断したくなくて「誰かの尻に敷かれる」ことで安心したいと希求するような人物がたくさんいるからだ。

こういう体質をなくすためには、現役時代から選手に「自分で考え、判断させる」指導をしなければだめだ。
日本のスポーツ団体が硬直化し、腐敗するのは、指導、育成体制が硬直化し、腐敗しているからだ。


ルーキー最多安打レース・2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!