盛り上がりませんでしたな。昨日のセルラースタジアムなはは。

山口俊が早々にカナダ打線につかまって6点を取られ、侍はそれを追いかけることになった。
セルラースタジアムなはは沖縄では一番いい球場だが、お客は14858人。ほぼ半分の入りだった。

IMG_2750


カナダは、プレミア12を勝ち抜いて東京オリンピックに来るのは望み薄だから、これが見納めになるる可能性もあった。フィリップ・オーモントみたいなちょっと知られた選手もいたが、MLB40人枠に入らない選手だけ。一番有名な投手はこの間巨人を引退したマシソンだろう。

格で言えば日本の方がダントツ上だったが、ポストシーズンが終わったばかりの侍は、体が重そうだった。

ようするにチームとしての肩慣らしの試合であって、大した意味はないのだが、テレビ朝日系が中継した。
しかも中途半端なことに地上波は「ドクターX」までの1時間少々だけ。メインの解説者は中居正広、ゲストで古田敦也など。
テレ朝にしてみれば「カナダが気をまわして勝たせてくれればいいのに」くらい思ったかもしれない。
こんな花相撲からテレビで流して、何とかしてプレミア12をラグビーワールドカップ並みの「ものすごい大会」に仕立て上げようとしているのだ。

IMG_3421


しかしプレミア12は、メジャー40人枠の選手は出ない。かんかんになっているのは侍ジャパンと台湾、韓国くらいだ。もちろん、他国も五輪の出場権が欲しいから頑張るだろうが、世界の野球界全体が一致団結して盛り上げている大会ではないから、なんか嘘くさいなと思う。

一番有意義なのは、日本ラウンドの収益がNPBの子会社である侍ジャパンの運営会社に入ることだ。NPBは日本シリーズが4試合で終わって、がっかりしているのだ。少しはお財布にお金を入れてあげたところだ。

台湾ラウンドは今回も見に行くが、日本台湾戦だけは売り切れているとのこと。

この期間だけ盛り上げて視聴率をとろうと思う放送局のあざとさと言い、本当はそれほどやる気のない選手たちと言い、残念だ。きらきら光っているのは金メッキだと思う。

小手先で野球振興はできないでしょう。


1964年金田正一、全登板成績【スワローズ最後の年、最後の20勝到達】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!