ニッカン
巨人大塚球団副代表は、ロッテから国内FA権を行使した鈴木大地に電話で断りの意思を伝えられた。
美馬に続き、獲得に乗り出した2選手とも入団には至らず、当初3人予定だった新外国人を4人に増員する見通し。「若いピッチャーが出てきますよ。(FA交渉は)打ち切りです」
日本のストーブリーグと言えば「パのFA選手が巨人に移籍すること」だと思っていたが、今回は全く違う展開になった。FA移籍を表明した美馬学、鈴木大地の獲得を目指したが断られた。

これは巨人にしてはショッキングなことだろう。
昭和の時代の巨人は「他球団のレギュラー選手を獲得して、控え選手で使う」ような補強をしてきた。
例えば西鉄→巨人の田中久寿男、同じく高倉照幸などがそれだ。
また、巨人の一軍半が他球団に移籍してレギュラーになるケースも多かった。
古いところで巨人→大毎の三浦方義、巨人→ロッテの山本功児など。
「うちとよその球団ではそれくらいの格差があるから」という言葉も聞かれた。

IMG_0072


平成以降はそういう例は少なくなったが、巨人関係者はFA移籍する大物は「うちに来たいんだろ?」という認識があったはずだ。
特にパを代表する選手、清原和博、小笠原道大、工藤公康などは巨人のユニフォームにそでを通すことを目標にしてきたはずだ。また広島からも選手が続々と流出した。それだけの年俸が保証されているうえに、全国区のスターの仲間入りをするわけだから。

そうした流れは昨年の丸佳浩あたりまで連綿と続いてきたが、今季、なぜ途切れたか。
一つは、美馬、鈴木ともに「大物」とはいえないことがあるだろう。2人ともに巨人では先発、レギュラーの座は保証されない。30歳を超えて控え選手の冷や飯を食うのは嫌だという思いがあったのではないか。巨人は「選手個々の成績」よりも「チームの勝利」を重要視する。それは悪いことではないが、中堅どころの選手にはあまりうれしい方針ではない。
さらに、巨人の「威光」が落ちてきたこともあろう。今季は優勝したが、巨人戦の視聴率は地に落ちている。今後、盛り上がるとも思えない。

IMG_0117


鈴木、美馬ともに「残りのキャリアで出場機会が保証されそうな」現実的な球団を選択したということだ。

今季、山口俊がポスティングでMLBに移籍すれば、巨人は珍しく大きな穴が開いたまま越年する可能性がある。外国人選手を物色するのだろうが、残念なことに巨人は「安くて働く選手」を探すのが苦手だ。名のある大物を高額で引っ張ってくることになろう。
クリス・デービス(オリオールズ)のように「日本に行きたいぜ」という大物もいる。
巨人は、FA選手を獲得できなかった腹いせに、超大物メジャーリーガーを獲得してほしいものだ。


1964年金田正一、全登板成績【スワローズ最後の年、最後の20勝到達】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!