補強をしなければ強くなることはないという見本のような成績である。



チーム成績 昨年との比較

NF-H


長打力と機動力が半減した。要するに打線としての魅力がなくなったということだ。
レアードが抜けた穴を埋めることができなかった。王柏融はその穴を全く埋めなかった。

個人成績

NF-P_H


王とともにレアードの穴を埋めるべき横尾や清宮が期待外れに終わった。また捕手も清水が故障で出遅れて正捕手として一本立ちすることはできなかった。

渡邉諒が何とか二塁手として定着したのが収穫だが、それ以外は大きな変化も進化もなかった。

王はプレミア12の台湾で何試合か見たが、委縮したようでフルスイングをしなかった。2年目に化けることができなければ厳しいかもしれない。

近藤健介、西川遥輝など脂ののった選手もいるが、数年前のように若手が大挙して登場するような気配はほとんど見えない。

IMG_6379


もともとストーブリーグには参戦しないチームだが、であれば底上げがなければ厳しい。
万波あたりに期待したいところだ。


榎本喜八 安打あれこれ

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!