投手陣も「癖が強い」。ラミちゃん流である。

チーム成績の前年との比較

De-P


数字だけを見れば、良い部分はほとんどないのだが。

個人成績

De-P-P


2年連続で好成績を上げるスターターがいないという悩ましい状況だが、今季は今永が復活し、リーグトップクラスの活躍。

その下は70イニングス以上投げた先発が6人。入れ代わり立ち代わりローテを担った。新人の上茶谷は、貴重な右の先発としてまずまずの活躍。

そして井納が救援から先発にまた復帰した。

成績は良くないがこれらの投手がなんとかイニングをやりくりして、救援につないだ。

救援も苦しい台所だったがエスコバー、石田を軸につないで山﨑にもっていった。
三嶋は例によってイニングを稼いだ。

IMG_5336


ぎりぎりのやりくりだったため、CSでは打たれてもエスコバーを出さざるを得なくなり、敗退した。

この順番で行けば、来季は不振だった濱口、東あたりがふっかつするということになるが、どうだろうか。


榎本喜八 安打あれこれ

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!