丸佳浩が抜けたんだから当然だろ、というかもしれないが、それだけではなかった。

チーム成績、昨年との比較

HC-C


得点が130点も減った。1試合1点近くも得点が減れば苦しくなるのは仕方がないところだ。

個人成績

HC-H-H


丸の後に入った長野には大きな期待はできなかった。ただ西川の成長で、外野の戦力ダウンはそれほどではなかった。

内野はバティスタがエルドレッドに代わって一塁で独り立ちするかと思えたが、ドーピングで戦線離脱。
大きかったのは、田中広輔の絶不調だろう。手数の多い上位打者を失ったことで、得点力はがた落ちになった。

監督も交代したが、率直に言って立て直しの機運はない。中日と比較してもかなり見劣りするのではないか。

12球団で唯一トラッキングシステムを入れてないなど、ちょっと信じられない。「昭和の野球」でまだ通用すると思っているなら、それは甘いだろう。

菊池涼介については、私は来季もこのチームにいるのではないかと思っている。

IMG_0452



1985年福間納、全登板成績【やられたらやり返せ、リーグ優勝&日本一に貢献】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!