投手陣の方がひどかったが、打線もさえなかった。

2018年との比較

PIT-H


あまり強力でない内野手をFAにし、インディアンスからメルキー・カブレラを獲得したが、フライボール革命で打高が続く中で相対的に戦力は弱体化した。

ジョシュ・ベルが急成長、またスターリング・マルテは足も動いたが、他の打者はピストル級で長打力はリーグ下位に低迷した。

中で新人のブライアン・レイノルズが2番に座って安定感のある打撃を見せた。
来季に向けて若手の期待が持てる。

後の顔ぶれは、かなり変わるだろう。


1960年小野正一、全登板成績【リーグ優勝&最多勝、リリーフで21勝】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!