2018年の強力チームをそのまま維持しようとした。打線に関しては成功したといえよう。

2018年との比較

CHC-H


レギュラー陣はほぼそのままキープ。ラッセルとバエズがポジションを交換しただけ。フライボール革命の進展に伴って、打線が大型化。総体的な優位はキープした。

シュワーバー、ブライアント、バエズの打線は強力だった。

タイガーズからシーズン中に移籍したカステヤノスも打線に厚みを加えた。盗塁はほとんどなかったが、二けた本塁打が11人、20本以上6人は強力だった。

主力が全員20代と言うのも期待を抱かせた。


1960年小野正一、全登板成績【リーグ優勝&最多勝、リリーフで21勝】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!