2年目の昨年、左ひじ痛で戦線離脱していたから、驚く話ではないが、DeNAにとっては衝撃ではあろう。

日刊スポーツ

DeNAは9日、2軍・嘉手納キャンプに参加中の東克樹(24)が20日に横浜市内の病院で左肘内側側副靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)を行うことが決まったと発表した。今季中の復帰は絶望となった。18日にチーム本隊を離れる予定。

キャリアSTATS

Azuma


愛工大名電、立命館大からドラフト1位でDeNAへ。

1年目から実質的なエースとして活躍したが、2年目には左ひじ痛を発症した。

もともと大学時代から左ひじ痛を持っていた。アメリカならばこの時点でトミー・ジョン手術をしていたはずだ。
ここまで決断が長引いたのは、日本ならではだろう。大学でさえも、エース級が投げられなくなることに難色を示すのだ。

25歳だからまだ十分に復活の余地は十分にあるだろう。トミー・ジョン手術そのものも長足の進歩を見せている。横浜市内ということは桐蔭横浜大の河崎賢三先生だろうか(南共済病院の山崎哲也先生だろうというご教示あり)。

問題はリハビリテーションだろう。復帰を焦らずにじっくり調整してほしい。2021年の後半でも全然大丈夫ではないか。

IMG_1313



2019年E.エスコバー、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!