昨年12月、「学生野球資格回復研修」をイチローが受講したことについて、張本勲がかみついたが、その結果が出てイチローがパスしたことで、またこの老人がかみついている。

彼のこの「かみつきコメント」に、この世代の野球人の「現状認識」が現れている。

週刊ベースボール
最高の野球の技術を持ったプロ野球の卒業生が学生たちを指導するのに、何の資格が必要なのか。授業で数学を教えるわけではない。野球の技術を伝えるのだ。ましてやイチローのような卓越した技術を持ち、球界の発展にも寄与した選手に対しては「学生を教えたいなら研修を受けなさい」などと上からモノを言うのではなく、「ぜひ指導してほしい」と教えを請うべきではないのか。

「敬意」がどうの、というのは野球人が大好きな言葉だ。常にマウンティング関係を確認しないと自分の地位が不安で仕方がないのだ。

高校以下の野球の指導は「野球の技術を伝える」ことではない。「脇をしめて打て」とか「肘を上げて投げろ」などということではなく、若者たちがアスリートとして長く活躍できるための「トレーニングの仕方」「技術の習得の仕方」を教えるものだ。
プロ野球選手として実績を上げた選手は、自己を高め、進化させる方法を知っている。しかし、それを若い世代にしっかり伝える方法論を知っているとは限らない。
最近はそれを「コーチング」という。たとえイチローであっても「コーチング」を学ばなければどうしようもない。

IMG_6524


高い技術を持っていても、指導者としての知識はあらためて学ぶ必要があるのではないか、だから研修は必要なのではないか、と言う人がいるようだ。(中略)だが、それが今回の研修で身につくものであるとはとても思えない。良い指導者になる素養がある者は、誰かに何かを言われなくても自ら研究を重ねていくものだし、アマチュアの選手を指導するとなったら自分でアマチュア側の規則やルールも勉強していくだろう。

絶望的な気がするが、今のスポーツ教育は、多くの事例に基づく一定のメソッドが確立している。特に健康管理の問題では、しっかりした方法論がある。メンタルトレーニングにも明確な考え方がある。「学生野球資格回復研修」は、「今のスポーツ指導は、こういう風になっている」ということを、プロ野球選手上がりに認識させることが主眼だ。
張本の時代は、高校でも大学でも牛や馬のように選手を怒鳴ったり殴ったりして指導していたが、今は全く違うのだ。

張本はこのあと「プロアマの垣根を取り払い、話し合いをすべきだ」と言っている。しかし日本の野球人は「話し合い」ができない。上下関係にさいなまれて「意見交換」が悲しいほどにできない。
そういう野球人をフラットな関係で、切磋琢磨する人間関係に変えていくという点でもこうした講習は重要だ。

少なくとも「プロアマ交流」に参加するプロ側の野球人は「資格回復」をしていることが前提になるだろう。
そして受講してもおそらく何を言っているかさえわからない、張本などのおじいさんたちを加えてはならないだろう。


2019年E.エスコバー、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!