春季キャンプでは、どの球団でも最初に探す選手というのがいる。巨人なら「25」だし、ソフトバンクなら「5」だ。ヤクルトは去年までは「4」だった。

体がごついし、珍しいことに日本人選手に交じって楽しそうにしていた。つば九郎ともよく絡んでいたから見ていて飽きなかったのだ。

今季、ソフトバンクに移籍したために、目星を付ける選手がいなくなった。当然「1」なんだろうが、この選手は体も大きくなくて以外に目立たない。「23」は、外野では楽しそうに動いているが、集団では目立たない。もの足りないなと思いながら、内野の守備連携を見ていた。

すると三塁が「2」という背番号を付けた見慣れぬ選手が守っていた。もしや、と思ったがアルシデス・エスコバーだ。すらっと背が高くてしなやかだ。 荒木貴裕と交代で三塁を守っている。

IMG_3783


割と一生懸命やっているなという感じだが、グラブの出し方がしなやかで無駄がない。ボールがグラブに吸い込まれていくようで、力感はないがやはり違うなという感じだ。
バレンティンみたいな「キャラ立ち」はないが、この選手の守備は見ものではないかと思った。

同じ練習で「45」という見慣れぬ背番号の捕手がいた。そうか、嶋基宏か、と少したって気づいた。

IMG_3777


彼が来たんだなあ、と思った。ヤクルトに決まったことと、楽天の石井一久GMとは関係があるのかどうか。中村悠平というしっかりした正捕手がいる中で、どれだけ独自色を出せるのか。

昼の打撃練習も見たが、嶋の打球はあまりいい当たりはなかった。

ヤクルトキャンプは6年連続で見ているが、この間に顔ぶれはずいぶん変わった。

変わらないのは、早いテンポで投げる石川雅規くらいか。

IMG_3585


今年の沖縄は連日ずっと寒い。けがをしないでほしいと思った。


2019年E.エスコバー、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!