toyokeizai-nomura


こちらでは野村克也の人生を俯瞰した。何を書くにしても鶴岡一人のことは外せない。鶴岡なくして野村克也はなかった。