今日から2020年NPBのプレビューを始めます。

西武ライオンズは典型的な「去る者は追わず」球団なので、戦力が抜けたら抜けたままである。

2019年と2020年の陣容の変化

SL-H


出塁数でずば抜けていた秋山が抜けたことは、山川、中村、森らの打点にも大きな影響があろう。

メヒアと契約を継続。左の中距離打者のスパンジェンバーグを入れた。DHが多かった栗山も含めて3人でポジション争いをするか。

中村剛也が出遅れているのも痛い。8月に37歳になるし伸びしろは期待できない。これまで浅村の後に外崎が出てくるなど都合よく選手が成長したが、今季はそういう成長株がいるだろうか。

ここ2年の圧倒的な打線はあまり期待できないのではないか。

山川、森、外崎が昨年以上に成績を伸ばすことができるか?

IMG_8614



2019年E.エスコバー、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!