フルカウントにこういう記事を書いた
少年野球の罵声は「指導者の能力不足」 野球人口拡大へ求められるコーチ術とは

フルカウントで書いているこの手の記事は、ここ数年、少年野球などの指導の現場を取材してたまってきた見方を整理したものだ。

例によってヤフトピでは「そんなんじゃ勝てない」とか「ふざけてる子供が悪い」みたいなコメントが並んでいる。今の世の中はつくづく嘆かわしいと思う。

IMG_4395


こういう人たちは「少年野球」を何のためにやるのか、というそもそも論がわかっていない。

あらゆる少年野球は「子どもが健康で立派な人に育つため」にやっている。野球はその手段だ。もちろん、中には野球で身を立てる子供も出てくるだろうが、それは例外的であり、基本は他のあらゆる習い事と同じく、子供の将来のためにやっている。

だから必要なのは、子供がその競技に前向きに取り組むことで、心身の成長を促すことだ。
少年野球では「勝つこと」は二の次だ。
もちろん、勝利のために努力することや仲間と力を合わせることを覚えるのは大事なことだが、それを子供が自分の意志で行うようにしなければ意味がない。
「ああしろ」「こうしろ」と大人が強制して子供を動かして成果を上げても、将来の役には立たない。

子供の内から勝利を徹底的に追及するのは、結局「大人の自己満足のために子供を出しに使った」にすぎない。

昔は兵隊のように上の言うことを何でも「はいはい」聞くのが良いとされたから、大人の子分のような子供を作ることにも意味があったかもしれないが、今、そういう子を作ってもブラック企業の餌食になるのが関の山だ。

それがわからない指導者は、もういらないと思う。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!