週刊朝日
広島のモテ男・菊池涼介が懺悔告白「交際相手に多額の慰謝料を請求され…」調停申し立て

率直に言って、この痴話げんかは大した問題ではない。菊池が前に付き合っていた女性に不実を働いたということだが、刑事にはならないし、純然たるプライベートだ。
阪神の守屋の事件のように、DVや家庭放棄があったわけではない。
菊池涼介は週刊朝日の取材に応じているが、交際相手に「恋愛感情はなかった」と言っているのは、ちょっとあきれるが、どんな交際をするかはあくまで私的関係だ。勝手にすればいいと思うだけだ。

IMG_5393


ただ文春がこれを報じるのであれば、飯の種としてわからないではない。

私がいら立つのは、朝日新聞が「文春砲」の真似事をしたことだ。安倍政権の数々のでたらめな政策に対して、朝日新聞は批判的な論調で記事を書いているが、決定的な役割をしたことは一度もない。
いつも「その他大勢」で記者クラブ発表の記事を書き、そこに適当に批判的な意見を乗っけているだけだ。ようするにどんなことでも「尻馬に乗っている」だけだ。

そのうえで、朝日新聞の幹部は安倍晋三とうれしそうに「お食事会」の席に並んでいるのだ。
朝日や毎日は安倍政権という「茶番劇」で「悪者」の役をしているだけだ。本当に体制を変える気など微塵もない。

「週刊文春」は、そういう席には呼ばれないが、政権幹部や高級官僚のスキャンダルを次々に暴き立てている。

言論機関とは「人が明かしたくない」「公表するのを嫌がる」情報を、白日の下にさらすのが、本来の使命だ。今、それをしっかりやっているのは文春や新潮だけだ。

朝日新聞は何となく「批判している風」の論調だが、肝心なことは何もしていない。政治だけでなく、スポーツの分野でも一方で「球数制限」に賛成するかのような記事を書きながら、一方で「球児の汗と涙」を能天気に賛美している。世間の顔を見て右往左往しているだけだ。

朝日新聞は、世間からどんな逆風を浴びてもその使命を果たすべきだ。大事な問題についていうべきことを直言すべきだ。

今回の菊池涼介のスキャンダルは「どう転がっても自分たちが批判されない、安全な物件」だから飛びついたと言っても良い。そして文春がやったような書き方でアクセスを稼いだ。

文春砲と異なり、ヘタレ新聞は空砲しか打てないのだ。どうせ碌な記事など書けないのだから、やめとけ!


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!