原稿依頼がけっこう来ている。野球の試合がないために各メディアはネタが枯渇しつつあるのだ。本来ならば今日が開幕なのだ。当サイトでも、「野球話」のネタを紹介しようと思う。

毎年のプレビューのやり方で、NPB、MLBの歴史的なチームを見ていこう。
1956年、野村がプロ野球にその名を知られたシーズンと、前年1955年の南海ホークスの陣容。
まずは打線

1956-55Nankai


1955年は飯田徳治がMVPに輝いた年。100万ドルの内野陣がまだ機能していて、西鉄に9ゲーム差をつけて優勝。
しかし鶴岡監督は、巨大な打線で台頭する西鉄に対抗するために、長距離打者をそろえようとしていた。

杉山光平に加えて長谷川繁雄、寺田陽介、穴吹義雄、大沢昌芳と大学出の強打者を抜擢、改革に乗り出したのが1956年だ。
しかしこの年はかえって打線が小型になる。0.5差で西鉄の後塵を拝して2位。
そんな中で、この年のハワイ遠征で鶴岡監督に見いだされた野村克也が、正捕手に抜擢された。
野村はベストナインになる。しかし打順を見てもわかるように、それほど大きな期待があったわけではない。

投手陣の推移

1956-55Nankai P


1955年のエース級の中村と宅和が短期間に燃え尽きてエース不在の1956年。この年の規定投球回数は、230回とめちゃくちゃ高いラインだったこともあって、ランキングされた投手はなし。
この年チーム最多勝の野母得見も短期間で消えてしまっている。

野村と同期の皆川睦男が台頭したのが目立つ程度。

野村はエース不在の1956年の南海ホークスを切り盛りする中で経験値を高めていったのだ。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!