調べてみたら、この年は誠に貴重な年だった。

アメリカン・リーグは8球団。ヤンキースが優勝した。この年の打撃ランキング。

1927-AL


打撃ランキングの43人の内、15人がのちに野球殿堂入りしている。

ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグと、タイ・カッブ、トリス・スピーカーが同じランキングに名を連ねている。ひと世代違うわけだ。

4度の首位打者に輝くカッブの弟分のヘイルマン、強打の捕手ミッキー・カクレン、安打製造機のジョージ・シスラー(この年盗塁王)、ジョー・スウェルの名前もある。弟のルーク・スウェルの名前もある。

駿足のサム・ライス、タイガースの強打者ゲーリンジャーもいる。

1920年にベーブ・ルースが本塁打で新しい時代を切り開いて7年、百花繚乱の時期を迎えたような感じだ。

ゲーリッグは1939年に病のため引退するが、その前年からはジョー・ディマジオと中軸を組むようになる。伝統はこうして受け継がれたのだ。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!