ニューズウイーク
デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

デーブ・スペクターは当代の「変な外国人」だと思われているが、実は非常に重要な言論人だと思う。

東京オリンピックについて大いに疑問を呈している。
・あんな盛大な開会式をする必要があるのか
・日本人は「興味を持て」と強要されている
・なぜスポーツの専門家でなくタレントを起用するのか
・テレビが選手を「よいしょ」している
・オリンピックが神聖化されているため批判できない
そして最後に
・オリンピックはいらない

6fbb99c588f8e641f9a72774e3e9c7d6_m


確かに個別の競技の世界大会があれば、それでいいはずで、なぜこんな巨大な運動会をする必要があるのか。
結局「経済効果」につきるのだ。オリンピックで景気を浮揚させて、企業が一儲けをしようと言うのが背景にある。日本の高度経済成長は、前の東京五輪が起爆剤になったのだ。

問題は、東京五輪の放映権を、日本の主要メディアが「ジャパンコンソーシアム」を組んで、IOCの放映権を合同で購入していることだ。

アメリカの場合、NBCが一手に放映権を取得しているので、他のメディアは自由にものが言える。おそらくNBCの内部にも五輪批判を書く記者が出てくると思うが、日本はメディアが全部「五輪主催者側」に回っているために批判ができない。しかも放送局と新聞社の資本関係があるために、テレビも新聞も批判ができない。

五輪報道に関しては、日本のメディアは朝日、毎日からサンケイ、讀賣までもが「談合」して、国民の目を欺いているのだ。

東京オリンピックが中止になれば、アスリートや多くの人が悲しむだろうが、それによって救われる部分もある。

「オリンピックなんかいらない」、と大声で言えない国は明らかにおかしい。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!