6日に死去したという。死因は公表されていない。85歳だった。



1934年生まれだから、野村克也や長嶋茂雄の1歳年長だ。
ベーブ・ルースと同じメリーランド州のボルチモアの生まれ。高卒後タイガースと契約。
マイナーを経ることなく、いきなりメジャーデビューという超エリートだった。

キャリアSTATS

Al-K


デビューは1953年。この年は代打だったが、2年目にいきなり20歳で首位打者。最年少記録だった。

ここから1974年までずっとタイガースの主力打者として活躍。

タイトルはこの首位打者と動燃の最多安打くらいだが、打撃ベスト10に10回入るなど安定感のある打撃で信頼を得た。

典型的な中距離打者だといえる。

また外野手としては際立った強肩で鳴らし、1957年に制定されたゴールデングラブ賞を10回も受賞した。

テッド・ウィリアムスやミッキー・マントルの時代からカール・ヤストレムスキー、レジー・ジャクソン、さらにはロビン・ヨーント、ドワイト・エバンスまで、相まみえた選手の幅は広い。

1973年の時点で2861安打であり3000本は難しいと思われたが、1974年は4年ぶりに規定打席に到達。9月24日のオリオールズ戦で3000本を記録した。

引退後もタイガースの解説者、球団顧問などを歴任した。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!