報知
(日本高野連小倉事務局長は)「全国一斉に(部活動停止)というのは状況も違う。都道府県連盟のご判断で、ということにさせていただければ」と言った。

他のスポーツはインターハイを中止にするなど、活動停止を検討しているところが多くなっている。
しかし高校野球はなかなか思い切った決断ができない。
それは、実態として高校野球が「単なる部活」ではなくなっているからだろう。

多くの高校スポーツは、教員が部長や指導者を務め、学校活動の一環として部活を行っている。学校そのものが活動の制限をする必要が出る中で、授業よりも優先順位が低い部活が活動停止になるのは当然のことだ。

しかし同じ部活でも野球は事情が違う。強豪校は「高校野球」で生徒を募集しているところがある。監督も教員ではなかったり、教員であっても「監督の業務」が最優先される指導者が多い。「野球の活動」をしなければ存在意義がなくなってしまう指導者も多いのだ。

IMG_8327


日本高野連が甲子園大会の開催に固執するのも、高校野球が他のスポーツとは異なり、それで飯を食っている指導者、その広告効果に期待する学校が非常に多いからだろう。平たく言えば「高校野球は仕事」になっているのだ。

だから日本の高校野球のレベルは高いのかもしれないが、健全ではないと思う。青少年のスポーツはすべからくアマチュアでないといけない。
子どもの心身の成長を促すとともに、スポーツの楽しさを実感させることが目的になるべきだ。

もちろん、指導者はプロであるべきだが、今のように「教育の一環」の名のもとに、野球のプロパーが「勝つ野球」を教え込むのは大いに問題があるだろう。

国全体が活動を停止するときは、高校野球も休むべきだ。



年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!