「高校野球は特別か?」という議論が起こっている。

スポーツ紙記者は「野球関係者から『高校野球は特別』と言う声は聞いたことがない」と言っている。ちょっと信じられないが、そういう声が耳に入らない体質なのかもしれない。
管見の限りでは、高校野球を扱っているメディアで「高校野球は特別ではない」と断言する記事は見ていない。

IMG_2902


しかし高校の職員室では、野球以外の体育会系部活と、野球では年間スケジュールが異なっている。甲子園によく出場する有力校の場合、メディアの注目度も違うし、学校内での扱いも異なっている。
他の部活は、部長や監督が他の競技に変わることが普通にあるが、野球部の場合、もともと「野球の指導をする」ために教師になった人も多い。また、学校の枠を超えた出身大学の「人脈」も強い。自分の後輩を高校に呼び寄せてコーチにし、後釜にすることも多い。
そういうつながりは、他のスポーツにもあるが、圧倒的に野球が大きい。

さらにOB会や父母会の力も、野球は圧倒的に強い。甲子園出場に際しては、各校ともに寄付金を集めて回るが、そうした活動を通じてOB会、父母会のつながりが強くなる。地方大会の観客席は、動員された父母が観客席を埋めている。

IMG_4546


さらに高校野球には熱心なファンがついている。今、野球雑誌で確実に売り上げが見込めるのは大谷翔平と高校野球特集だけだと言われる。熱狂的な高校野球ファンがいるのだ。

高校野球だけが、全国大会の開催に最後まで拘泥しているのは、高校野球の周辺にこうした大きな人脈、支持層、ファン層がいるからだ。彼らが高校野球を「特別なもの」にしている。

しかしながら、こうした周辺層の存在は、高校の「部活」とは何の関係もない。どんなにたくさんファンがいようと、大層なイベントをやろうと、高校野球は「放課後にやるクラブ活動」でしかない。
新型コロナ禍で、大きな大会をすることが危険だという点では、他の部活と何ら変わるところはない。
「野球は、日本中が注目しているし、大きな意義があるんだ。ほかのスポーツとは重要度が違うんだ」というのは野球関係者が勝手に思っていることだ。他の部活の関係者はそう思っていない。今や日本の国民の大半は、野球に関心がないから「野球は特別」とは一切思っていない。

「他の部活もやめたんだから、野球部もやめろと言うのは同調圧だ」と言う声があるが、それは間違っている。野球部は、他の部活と何ら状況が変わらない。
全ての部活が歩調を合わせて全国大会をしないことは「社会全体がコロナ禍を克服するために力を合わせる」という意味でも非常に有意義だ。

全国大会ができなかった子どもたちへのフォローは、社会が本当に落ち着いてからしっかり考えればよいことだ。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!