「暗黒時代」の阪神タイガースである。

10年間でAクラスは1992年の2位だけ。あとはずっとBクラス。中村勝広、吉田義男、野村克也と監督が代わったが一向に上昇しなかった。

野手陣

HT-1990H


ざっくり見て、オマリー以外に中軸打者がいない。そのオマリーを「本塁打が少ない」と言う理由で放出したのだから、悩ましいとしか言いようがない。



和田豊、八木裕、新庄剛志、桧山進次郎あたりが中心打者だから、これは弱い。

和田は盗塁より盗塁死の方が多い。これもチームの低迷の端的な指標だろう。



後半に今岡誠が台頭してくる。また、矢野輝弘が次の時代に強打の捕手として活躍する。

そういう意味では「次世代」がちらほら見えているのが救いと言えよう。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!