安倍晋三首相がIOCのバッハ会長に明言したそうだ。



この人は、少し先のことなら割と気楽に断言する。あとで後悔することになることも多々あるのだが、どうする気だろう。
安倍首相が「来年ナシならなし」と言った気持ちの何割くらいかは、昨今の政権の不人気に鑑みて「どうせそのころ、俺は総理じゃないんだし」と思う気があったかもしれない。
もう一つは「1年あればなんとかなる」という気持ちもあったかもしれない。

恐らく、日本は1年後には確実に今よりも落ち着いている。感染はまだ続いているだろうが、その数字は下がっているだろうし、何より世間が「新型コロナ」に慣れてしまって、それほど騒がなくなっている。

しかし、来年、日本経済はかつてない苦境に立たされているはずだ。インフラから生活関連、レジャーまであらゆる業界が、経営難になっている。
オリンピック景気を利用しようにも、そのとっかかりもない可能性が高い。

それでも「復興五輪」をやるとなれば、五輪が大好きな日本人は必死で頑張るだろうが・・・

それ以上に深刻なのは世界だ。アメリカ、ロシア、インドあたりは大変な死者を出して社会の混乱が続いているだろう。

さらに、発展途上国や貧困国だ。おそらく感染はまだ続いている。社会は混乱し「五輪どころではない」状況になっている。
代表を送ることができるかどうか、はなはだ心もとない。

6fbb99c588f8e641f9a72774e3e9c7d6_m


恐らく、元気なのは中国だけだろう。
中華人民共和国が「東京五輪に協力させてほしい」と申し出た時に、日本は「いえ、結構です」と言い切れるだろうか?
「その代わり台湾、香港の出場は無しですよ」
「ファーウェイを公式サプライヤーにしてね」
「中国を非難する言論も抑え込んでね」
「尖閣諸島に中国船が来ても、黙っておいてね」
安倍政権が存続していたら、国民を丸め込んでいうことを聞くかもしれない。

他の政権でも、これを峻拒することは難しいだろう。

私はそれを考えれば、やらないほうがいいと思う。

それにしても東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は早まったことをした。
もう1年延ばして2022年にします、と言っていたら実現する可能性はぐっと高まったと思う。

もう後の祭りだが。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!