1992年までは横浜大洋ホエールズ。1993年から横浜ベイスターズと改称。捕鯨が政治課題になり始めた時期でもあった。

権藤博監督の1998年に球団2度目の優勝。その前後は割と強かった。

野手陣

YB-1990H


谷繁が不動の正捕手となる。

一塁は巨人から来た駒田徳広、そして二塁には、来日外国人史上屈指の強打者のロバート・ローズ。1年ごとの数字の高さは圧倒的だ。



遊撃手の石井は入団時は投手だったが、野手に転向。遊撃手として息の長い活躍をする。

外野は「セ・リーグのイチロー」と言っても良い活躍をした鈴木尚典、外野に転向して引退した高木、波留、佐伯。
南海から移籍した畠山も働いた。



こうした顔ぶれが1998年のピークを作った面々と言えるだろう。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!