ま、このあたりで球界の盟主様の10年成績を見ていこう。

いつの時代も強かった巨人だが、2リーグ分立後のこの時代は、実力差が大きく、勝率は極めて高かった。監督はずっと水原茂(円裕=のぶしげ)だった。

10年間の野手陣

YG-1950H


端的に言うと「ON前夜」である。長嶋茂雄は1958年、王貞治は1959年に入団している。

川上哲治は1958年限りで引退している。キャリア後半だったが打率は極めて高い。



恐らく川上のモチベーションを高めたのは、与那嶺要の存在だろう。2人の成績が圧倒的だ。



二塁は川上の盟友、千葉茂。三塁は手塚明治、宇野光雄、土屋正孝。

遊撃手は1954年から広岡。

外野は南村、岩本。エンディ宮本もいた。

捕手は藤尾、ハワイの広田順のあとから森昌彦が台頭。

戦前からの選手が多いが、戦後の選手もまばらに出始めていた時代だ。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!