前の10年が761勝、この10年が764勝だからほぼ同じレベル。時々優勝、ほとんどAクラス。CSがあるので、それにも意味がある。

原辰徳、高橋由伸、原辰徳監督。ONと藤田で25年やった後は、原時々他の監督というすう勢だ。

野手陣
YG-2010H


世代交代時期でもあり、多くの選手が細切れにレギュラーを張った。

捕手は小林誠司。打撃では前任者に全く及ばないが、リードと守備ではトップクラス。



前任者が一塁。これは強力。2000本も打った。

二塁手は結局定まらず。

三塁手は村田修一の後に昨年から岡本和真が定着しつつある。岡本はこの表の時点では一塁手の方が多い。



遊撃手は坂本勇人が不動。そろそろ他のポジションも考えるべき年齢だ。

外野は長野、高橋由、亀井だが、今は丸が不動の存在に。

外国人打者はマギー、ホセ・ロペスがまずまずの働き。ロペスを出してしまったのは痛かった。

2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!