石井一久という野球人にマネジメントの能力があるとはあまり思っていなかった。メディアに露出する石井一久は現役時代から焼き肉の話とか、どうでもいい話題ばかりだったし、奥さんはしっかり者であるにしても、本人は天然ではないかと思っていた。

しかし、楽天のGMになってからは、非常に明快なマネジメントを行っている。
昨年オフでいえば、3位に入ったにもかかわらず平石洋介監督を解任し、三木肇コーチを監督に昇格させた。チームの功労者である嶋基宏をヤクルトに放出した。これなどは、元居たチームのヤクルトが絡んだ情実人事のようにも見えた。
それも含め、28人もの選手、コーチ陣を入れ替えた。
そしてロッテから鈴木大地、涌井秀章、オリックスからロメロ、MLBから牧田和久と実績ある選手を獲得した。

端的に言えば「人に何と言われようと、やりたいようにチームを変える」ということになろうか。独裁者三木谷オーナーの全幅の支持があるのかもしれないが、多くのNPB球団は「ストーブで何も燃やさない」なかで、目を見張る仕事ぶりだった。

私が素晴らしいと思ったのは、緊急事態宣言発出後、チーム活動を全休したことだ。他の球団が、いろいろな形で練習を継続したのに対し、楽天は選手の自主性に任せるとして、活動を停止した。

IMG_1051


開幕後は他球団とのギャップが懸念されたが、現時点で12球団唯一の無失策。チームも極めて好調だ。

そして開幕後に、外国人枠からあぶれたチームの功労者、ウイーラーと巨人、池田俊のトレードも行った。

NPBのGMや社長は、何をしているのかよくわからない人が多いが、際立って「仕事をしている」感がある。
そして何よりも「せこせこしていない」のだ。堂々と仕事をしている。
空気を読まない天然のキャラは、ゼネラルマネージャーに向いているのかもしれない。

今年の楽天の下馬評は高いが、石井GMがストーブをしっかり燃やしてきたからのだから、当然の話だろう。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!