赤ヘル前夜の広島カープである。
1968年に初めて3位になった。監督は白石勝巳、門前真佐人、白石勝巳、根本陸夫。1968年に東洋工業がスポンサーについて広島東洋カープとなる。

野手陣

HC-1960H


野手は前の10年とは全く異なる顔ぶれ。生え抜きで、しっかりレギュラーが固まっている。



切り込み隊長の古葉、長蛇のある藤井、興津、山本一、大和田と中軸はなかなか強力だった。
また森永勝也は1962年に球団史上初の首位打者に輝いている。

阪神から大打者山内一弘が移籍したが、晩年で十分な数字は残さず。

弱かったがこの1960年代に自前の育成の伝統が形成されたことが、次の10年につながったといえよう。

ドラフト前に衣笠祥雄、ドラフト後に三村、山本浩司とのちの主力打者も入団。

戦力は次第に厚みを増していった。


2018・19年髙橋遥人、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!