Number-2010


担当編集者が校閲さんに睨まれながら記事にしてくれた。2020年開幕のタイミングで、これをしておきたかったのだ。
2000年代はこちら。
Number-2000