1991年の優勝を最後に、広島はペナントレースで勝てなくなる。

山本浩二、三村敏之、達川晃豊と監督は変わった。
端的に言えば「FA制度」によって、チームバランスが変わったことが大きい。広島はFAでは常に敗者になる。そのダメージがはっきり出たのは次の10年だが。

野手陣

HC-1990H


なかなか強力な顔ぶれが並んでいる。

中軸は江藤、前田、金本。大物打ちの江藤、シャープなアベレージヒッターの前田、そして広島時代は中距離打者だった金本。



リードオフマンに緒方、野村。野村は安打数が多くイチロー的な打者だった。



前の時代からの中心打者だった小早川、山崎、正田も前半は働いた。
それにしてもこの世代から2000本が3人も出ているのは壮観である。

しかし次の世代が伸び悩んだのだ。その上に、主軸がFAで抜けていく。ここから長い低迷が続くのである。


2007~2019の打者 vs 2020年の打者/10試合終了時打率比較・セ・リーグ

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!