エースがなかなか決まらなかった10年である。

この期間に100イニング以上投げた投手を中心に。

HC-2010P


黒田の後のエース前田健太。防御率を見れば、この時代のずば抜けた存在だったことがわかる。
侍ジャパンでもエースだった。

IMG_0489


野村祐輔がそのあと、というところだが、安定したエースにはなり切れていない。

3連覇は野村に加え、大瀬良、ジョンソンらが入れ代わり立ち代わり活躍した結果である。

黒田博樹はMLBから復帰して2年間、エースに次ぐ働きをした。

救援投手は永川の衰えとともに、ミコライオ、中﨑がクローザーで活躍。

中継ぎでは今村の献身的な活躍が大きかった。また巨人から人的補償できた一岡も目立った。

IMG_1144


今季は、クローザーに苦しんでいるが、だれに収まるだろうか?


2007~2019の打者 vs 2020年の打者/10試合終了時打率比較・セ・リーグ

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!