7月23日に国立競技場で開かれた東京五輪開幕1年前イベントで、池江璃花子がメッセージを発信した。

この手の感動イベントは「電通」が演出していると思う。日本の五輪は、昔から電通がプロデュースしてきたから。
動画は以下のように締めくくられていた。

 スポーツは、決してアスリートだけでできるものではない。
 そのことを忘れないようにしたい。
 これからも、感謝と尊敬を胸に、前に進んでいこうと思う。
 一人のアスリートとして。
 一人の人間として。
 TOKYO2020
 +1(プラスワン)


スポーツは、決してアスリートだけでできるものではない。が、一番言いたいところだろう。アスリートファーストではないと言外に言っている。

85d0e55df5c370440deb2b4eb5be3904_m


女子アナが「感動しました」というなど、メディアはこのメッセージをもろ手を挙げて賛美している。
しかし、このメッセージは東京五輪を巡る実際の状況を何ら反映していない。

今、東京オリンピックは、実施できるかできないかの瀬戸際に立っている。現在の新型コロナ禍の状況を見れば、選択肢は「中止か」「延期か」の2つしかないが、日本政府は、まだ「来年開催」の基本線を崩していない。
それを崩すと、政府判断の誤りを認めることになり、政権攻撃の材料を与えるからだ。また、ここまで準備を続けてきた巨額の投資がサンクコストになることも恐れている。
しかし「中止」「延期」の方向を決めるのなら、早いほうがいいに決まっているのだ。

おそらく来年3月までは、日本政府は「東京五輪は開催」のスタンスをキープするはずだ。それによって多くの物事に支障が及ぶが、それよりも日本政府のメンツを大事にしたいのだ。東京五輪はインパール作戦のように玉砕して果てることになるかもしれない。
この政権は戦争末期の軍部に似てきた。早くに退陣するほうがいいだろう。

池江璃花子は東京五輪には出ないことを明言している。こうしたコメントをさせて、その後五輪が中止になっても彼女のダメージは少ない。そこまでを考えての起用だろう。彼女は政権のジャンヌダルクのようになっている。

「何の根拠もないところに“感動”を創り出す」技術では、日本は世界の先端を走っている。電通の功績が大きい。これからも空疎な感動を大量生産することだろう。


2007~2019の打者 vs 2020年の打者/10試合終了時打率比較・セ・リーグ

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!