Gendai-B-Koshien


タイトルは私がつけたのではない。甲子園をめぐる外部の意識、メディアの距離感について書いている。