無観客で始まった今年のNPBは、7月10日から5000人を上限として観客を入れることとなった。明日からはその上限が20000人、またはキャパの半分にまで引き上げられる。

昨年の観客動員とどれくらい違っているかを比較した。2020/2019は、平均観客動員数の比較だ。

attendance20200918


セ・リーグのチームは、上限5000人ぎりぎりまでチケットを売ってお客を入れている。
しかしパ・リーグのチームはそこまではいっていない。
経費のことを考えて、客を入れる客席を限定し、そこだけにお客を入れているのだ。
ソフトバンクなどは7月初旬は3000人台の動員だった。楽天はいまだに3000人台だ。
中日などもそういう考えだろう。
一方でオリックスのように、チケットが売れ残っているチームもある。

IMG_0027


いずれにしても入場者数は前年の7分の1である。お客が少ないことで、経費は多少軽減されているだろうが、売り上げが激減しているのは間違いないところだ。

今後は観客動員が緩和されるが、今期は最終的に、720試合で900万人前後。2019年の2650万人からすれば3分の1程度だ。

当然、全球団が赤字になる。今季の年俸交渉は極めて厳しいだろうし、何球団かは経営破綻の可能性があるだろう。ほぼ間違いなく身売りの話が出てくると思う。


中日・ナゴヤ球場・ナゴヤドーム・シーズン最多本塁打打者/1950~1988、2007~2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!