私は毎年、石垣島でのロッテキャンプに行く。オープン戦も結構見るが、ここ数年、角中勝也が先頭を切って練習したり、オープン戦でスタメン出場するのを見たことがない。

2軍の施設で一人でバットを振っていたり、ベンチに座っていたりする。トイレで顔を合わせて、ぎろっと睨まれたりする。
最近はシーズンが始まっても、さえない試合が多い。首位打者2回の好打者もそろそろ限界か、と思うのだが。

独立リーグ、2軍も含めたキャリアSTATS

Kakunaka2020


良く知られているように創設1年目の四国アイランドリーグからドラフト入団した。
当初はそれほど期待されていたわけではないが、2軍では、主軸打者として好成績を収め、伊志嶺、清田、荻野貴、大松らの外野の争いから抜け出していきなり首位打者。西武の中島裕之との接戦を制した。
それだけならフロックだが、2016年に2回目の首位打者を獲得し、スター選手となった。

独立リーグ出身としてはいまだに唯一の規定打席到達、タイトルホルダー、1000試合、1000本安打到達である。

しかし最近はさえない。特に序盤戦は低迷してスタメンを外れることも多い。それが中盤以降にじわじわと復調して、気が付いてみたら規定打席前後まで盛り返すことが多い。

今季も開幕から低迷していた。前に飛ばない感じの時もあったが、最近はまたじわじわ復活している。

今年は何度も見たが、見れば見るほど不思議な打法だ。低い姿勢から短く持ったバットで球をこそげるというか。ストライクゾーンの球でもまっすぐバットを出さずに下からすくい上げている。これで安打や長打が出るのだから、不思議だ。まねできないだろう。

IMG_0328


IMG_0041


最近は1番を打って安打が出始めている。規定打席には程遠いが、残り試合を1番で出場し続ければ372という今季の規定打席に届く可能性もある。

じわじわ角中に注目である。


中日・ナゴヤ球場・ナゴヤドーム・シーズン最多本塁打打者/1950~1988、2007~2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!