19日から観客動員の上限が緩和された。だからといって各球団はいきなり50%いっぱいにお客を詰め込むようなことはしていない。

8000人とか1万人とか、徐々に上限を引き上げている。急に受け入れ態勢を整えるのが難しいからだろう。極めて慎重だ。
恐らく、動員数が増えても、感染防止の手を緩める気はないだろう。このあたり私はNPB各球団の姿勢に敬意を抱いている。

IMG_0231


問題はお客の方だろう。ほぼ毎週オリックスの試合を観に行っているが、神経質なくらい感染に気を使っているお客(私もそうだが)がいる一方で、何事もなかったかのようにふるまうお客もいる。

特に、酔っ払いが危ない。ビールやハイボールなどを飲んで気が大きくなった客の中には、マスクを着けずに大声で隣と話している客がいる。
ドーム球場の場合、マスクを着用していない客は警備員から注意されるが、飲食中はその限りではない。だからいつまでも飲み物のコップを持っていたり、つまみを食べている客は、マスクを外しても注意されない。
そのうちに酔っぱらって大声を出し始めるのだ。

IMG_9152


そういう客はごく一部だが、野球場だけでなく無防備に生活している人も多いと思われるので、どこかでウィルスを拾ってくる可能性は、普通の人よりも高いと考えられる。客と客の距離が近づけば、そういう人との距離も狭まるので、リスクは高まるだろう。

今のところ野球観戦客の感染は1例だけのようだ。感染が分かればCOCOAや大阪コロナ追跡システムなどで通知されるが、今後はそういう例が増えるだろう。

「猖獗を極める」という状態になれば、プロ野球のこれ以上の規制緩和は望み薄になるだろう。感染抑制を考えながら試合を見る自信がない人は、スタジアムに行かないほうがいいと思う。


中日・ナゴヤ球場・ナゴヤドーム・シーズン最多本塁打打者/1950~1988、2007~2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!