阪神タイガースにクラスターが発生した件。社長の首を飛ばし、選手に制裁金を科すという球団の決定が最低だと書いたが、早くも処分の不適切さ、矛盾が露呈した。
夕刊フジ
複数のチーム関係者の話を総合すると、矢野監督は夏場のある遠征中の試合後、球団の指定日に外食に繰り出した際、内規で定められた「4人以内」を大幅に上回る人数の選手、関係者らを飲食店に連れ出したという。中略
しかも当時、球団側は事前に内規違反だと知りながら黙認。


感染者とその管理者を軽微なルール違反で処罰することの矛盾が、早くも露呈した。
阪神球団は例外的にこれを黙認したといわれるが、新型コロナウイルスは、阪神んきゅだんにお伺いを立てたりはしない。感染するときは感染するのだ。

ここから見えてくるのは阪神の感染症対策が「形だけ」「うわべだけ」だったということだ。すでに春先に感染者を出しているし、世間もうるさいから、一応ルールを決めておこう。「4人以上」「ポジションが重なる選手の会食」はあかんと発表すれば、世間はちゃんとやってると思ってくれるだろう。

しかし管理側がいい加減な気持ちで対応策を決めただけで、コロナ感染を防ぐことなどできない。本当に感染症対策を施し、選手や監督にも理解させなければ「仏作って魂入れず」である。

そして感染が発覚すると「なぜ感染したか」の原因究明をすることもなく、親会社トップの怒りを受けて社長の首を飛ばし、選手に制裁金を科して「解決しました」としてしまう。要するに「適当」なのである。

「いやいや、矢野監督の宴会は事前に言うてくれて、承認したからええねん」という理屈は新型コロナには通用しない。愚かな球団の管理体制が露呈した。

昭和の時代なら、こういう会社でも問題なかっただろうが、今は情報隠ぺいができない時代だ。おかしなことをすれば、その情報は一気に広がっていく。

おそらく矢野監督だけでなく、多くの選手、関係者がルールを守らず会食していたはずだ。現場トップの監督がルールを守っていないのに、スタッフや選手が守るはずがない。

IMG_9502


阪神タイガースのこの姿勢は、親会社阪神電鉄にも悪影響を及ぼす。乗客の「安全安心」を守ることを第一とする電鉄会社のグループ会社が、本質的なリスク管理が全くできていないことが露呈したわけだ。しかも関係者の処分は、グループトップの「鶴の一声」で決まったわけだ。「親会社は無関係」という言い訳はできない。世間は、阪神の新型コロナをめぐる措置を見て、「阪神グループはみんないい加減なのではないか。そういう企業体質なのではないか」と思うだろう。

阪神は矢野監督らを追加処分するのではなく、社長以下の処分について撤回し、原因究明と新たな感染症対策を明確に打ち出すべきだろう。
端的に言えば、親会社、球団の「無責任」「適当」な「古い体質」が、今回の醜態を招いたといえよう。その責任を弱い選手に押し付ける理不尽に、世間は怒りだしているのだ。

阪神甲子園球場は、感染症対策が最も緩いとの声が出ている。私は来週行くが、もしそれが本当なら阪神の「無責任体質」が、一番大事な「お客様」までリスクにさらしていることになる。


中日・ナゴヤ球場・ナゴヤドーム・シーズン最多本塁打打者/1950~1988、2007~2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!