今年中に1970年代生まれの選手はいなくなるかもしれない。

広島と言うチームは、あたかも歌舞伎役者のように代々正捕手を継承させてきた。今は曾澤が正捕手なので、「先代正捕手」ということになる。
2010年の石原。きびきびとしたいい捕手だった。

Ishihara


岐阜県出身、県岐阜商から東北福祉大を経て2001年ドラフト4巡目で広島に。捕手でいえば阿部慎之助の1年年下だ。

キャリアSTATS 修正

Ishihara-Carre


西山秀二の後を受けて2年目に正捕手。ライバルには打撃の良い木村一喜がいたが、総合力で上回った。

2005年からは控えの倉義和が台頭し、併用された時期もあるが、最終的には石原が勝ち残った。

とにかくキャッチング、フィールディング、肩と、捕手としては3拍子揃った選手であり、絶大な信頼があった。

ただセ・リーグには古田敦也、矢野輝弘、谷繁元信、阿部慎之助と「打てる捕手」がたくさんいたために、打撃でやや劣る石原は目立たず。タイトルなしに終わるかと思ったが、2016年にベストナインとゴールデングラブに輝いた。

広島では唯一の「1000本安打捕手」。名捕手と言えるだろう。


中日・ナゴヤ球場・ナゴヤドーム・シーズン最多本塁打打者/1950~1988、2007~2019

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!