MLBで200セーブ以上を記録した投手は52人もいる。救援投手の分化が極めて早いうちから始まっていたことを表しているが、殿堂入りは何人か?

MLBでセーブが導入されたのは正式には1969年だが、1960年頃からカウントされている。MLBは、セーブ導入前にさかのぼってセーブ数を数え、公式サイトに表示している。だから52人も200セーブがいるわけだ。

エンジ色は殿堂入り。

HOF-MLB-Pitch03


1位は言わずと知れたマリアノ・リベラ。カットボールを駆使して652セーブ。ヤンキースのフランチャイズプレイヤーであり、2019年に1年目で選出された。

2位のトレバー・ホフマンはその前年に3年目で選ばれた。パドレスでの活躍が長かった。
MLBの最多セーブ投手は、アは「マリアノ・リベラ賞」、ナは「トレバー・ホフマン賞」が与えられる。

3位のリー・スミスは1980~1997までカブス、レッドソックスなどで投げた。478セーブはホフマンが抜くまで長く最多セーブだった。

それより下で殿堂入りしている投手の内、デニス・エカーズリー、ロリー・フィンガース、リッチ・ゴセージは勝利数とセーブの「合わせ技」で殿堂入りした印象だ。

ブルース・スーターは最多セーブ5回、長いイニングを投げた時代のクローザーだが、13年目にようやく殿堂入り。

ホイト・ウィルヘルムはセーブが導入前に活躍した救援投手だ。

200セーブ以上上げても殿堂入りは厳しい。現役ではクレイグ・キンブレルが12位の348セーブ。圧倒的な数字だが、ここ2年、酷使がたたって数字が急落している。
これでは厳しいのではないか。

さらにフェルナンド・ロドニーも327セーブを記録しているが、殿堂入りは厳しいだろう。

IMG_6438


2020年のセ・リーグ投手陣 リリーフ詳細版

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!