国鉄が金田正一の巨人移籍とともに産経新聞に身売りされた年代である。

1960年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝投手。

1960-YS


この時期、5割以上は1度もなし。国鉄時代の成績は1963年に集中し、サンケイになってからは1967年以降になる。他の年はかなり悲惨だったのだ。

1963年はこの年に西鉄からやってきた豊田泰光が活躍。それに刺激されたか打線も好調だった。ただし4位。

捕手はこの10年、規定打席到達者はない。一番マシだったのが根来。
投手は移籍前の金田。

ただ外国人選手のロバーツとジャクソンがいい働きをした。ジャクソンは暴飲暴食を繰り返し1969年5月に急死している。

武上四郎は1967年の新人王。しりこぎバットの先駆者で小気味よい打者ではあった。

徳武定之は早稲田時代はスター三塁手。1967年に中日に移籍している。

福富邦夫は武上と上位打線を組んだが、この選手も1972年に太平洋に移籍。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!