この時代、ヤクルトは優勝なし。再び低迷期に入る。

1980年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝と最多セーブ投手。

1980-YS


ベテランの若松に加え、池山、広沢と若い世代が出てきた時代ではある。

長く大矢明彦の控え捕手だった八重樫が30代半ばにして打棒が開花した。

阪急から移籍したマルカーノ、ロッテから移籍したレオン、パリッシュと助っ人が活躍した時代でもある。

注目すべきは伊東昭光だろう。本田技研からドラフト1位で入団して3年目のこの年、先発ゼロの55試合オール救援で中日の小野和幸とともに18勝を挙げ最多勝に輝いた。規定投球回数未達でのタイトルだった。しかも17セーブ。
郭源治の37セーブには遠く及ばないが、こういう成績は珍しい。関根潤三監督ならではの不思議な投手起用ではあった。

1989年のドラフト2位で古田敦也が入団して、ヤクルトは次の10年に再び浮上するのだ。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!