最後に1950年から2021年までの72シーズンの単年成績ベストナイン



Total-YS

Total-YSP


さすがに壮観である。
RC130以上が3人、スワローズ史上最高は例の60本塁打を記録した2013年のバレンティン。
続いて2015年、トリプルスリーの山田哲人。さらに1999年のペタジーニ。

2010年の青木宣親は209安打を打ちながら、最多安打を阪神のマートンに奪われた。しかし首位打者は獲得。

捕手は永遠のベスト捕手、古田敦也。三塁は岩村明憲、右翼手は稲葉が入った。

一番古いのは、1990年の池山。

野手陣は全員が平成以降だ。昭和の時代の野手のRC1位は1977年中堅若松勉の103.99、国鉄時代はRC100以上の選手はいない。1963年、三塁の徳武定之の85.42が最高だ。

対照的に先発投手は国鉄時代の金田正一の独壇場だ。
しかし救援は2015年優勝時のバーネットの41セーブ、2018年近藤の35ホールドが最多だ。

IMG_6224



2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!