まだ赤ヘルになる前、市民球団として辛うじて命脈をつないでいた時期の広島カープ。
1950年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝。

1950-HC

1950-HCP


この10年、最高のRCを記録したのは1年目の二塁手、白石勝巳。戦前は巨人の名遊撃手。郷里の広島に戻って1年目、助監督兼任で活躍し、ベストナインに選ばれた。
この年の一塁手は、辻井弘だった。前年は大陽で捕手。翌年にはまた捕手に戻る。白石、辻井の成績はもちろんラビットボールの恩恵を受けてのことだが、以後の貧打の中では目立っている。

松竹でセ・リーグ1年目にMVPの大活躍をした小鶴誠は1953年に広島に移籍し、中軸として活躍した。

1953年は同じく松竹から移籍した金山次郎が盗塁王。打率は低かったがリードオフマンとして活躍した。

捕手は1952年に大洋から移籍した門前。

これらの選手は他球団からの移籍組だ。大和田明も西鉄からの移籍組だが、広島に来てからレギュラーになった選手。また森永勝治は生え抜きで1958年のデビューから中軸を打った。

投手は、テールエンダー広島から生まれた偉大なるエース長谷川良平。1955年の30勝は球団記録、アンタッチャブルと言っていいだろう。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!