巨人が圧倒的に強かった時代のセ・リーグでさえない時代が続いていた。しかしドラフトで入団した山本浩司など有望な若手が育ってきつつあった。
1960年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝。

1960-HC

1960-HCP


この時期の広島の正捕手は鶴のように痩身の田中尊だったが、彼は一度も規定打席に立たず。

その田中の控え捕手だった衣笠祥雄は、一塁に転向してレギュラーになる。

二塁は法政大で長嶋茂雄の大学時代ライバルの小坂佳隆、三塁はその1年下、専修大出の興津立雄。

遊撃手は興津と専大の同期で、中退して日鐵二瀬を経て広島入りした古葉毅、のちの竹識。1963年は長嶋茂雄と球史に残るデッドヒートを演じた。

山内一弘は大毎、阪神を経てキャリアの最終盤。この10年で最高のRCだが、実質的にこの1年だけだった。
1962年、森永勝治は球団初の首位打者に輝いた。
山本一義も法政大学から広島入り。

大学出の有名選手が主力になりつつある時代だったと言えよう。

投手は長谷川良平に代わってエースになった大石清。凄まじい速球で3年連続20勝を挙げるも、この期間ずっと100与四球、酷使された。のち阪急に移籍。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!