ON引退後、最強打者となった山本浩二を中心とする強力打線が売りだった1980年代の広島。

1980年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝と最多セーブ

1980-HC

1980-HCP


捕手は達川、一塁は水谷実雄、1982年には阪急に移籍した。

二塁の正田耕三は、1987,88年と2年連続で首位打者を獲得したが、RCは1989年が一番上だった。

三塁は衣笠祥雄、遊撃は高橋慶彦。このあたりスター軍団という感じだ。

山本浩二は1981年まで中堅を守っていたが、打撃の負担を軽減するために左翼手になった。どちらでも好成績を挙げたので2つのポジションで名前。

右翼は山崎隆造がジム・ライトル(1980年RC97.98)をかわして名前を載せた。

先発投手は、広島唯一の200勝投手、北別府学。クローザーはキャリアハイ、唯一のタイトルを獲得した1989年の津田恒実。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!