現在のDeNAの前身、1950年時点では下関市に本拠があった大洋の時代。

1950年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。投手はその時期の最多勝

1950-TW

1950-TWP


パッと見てわかるのはロートル選手ばかりだということ。
中部兼市オーナーは当初は社会人の林兼商店の選手で戦う予定だったが、開幕後急遽戦力を補強、他球団のベテランを獲得したのだ。

また1950年の選手が多いのは、ラビットボールの影響だ。

捕手の門前真佐人は戦前は阪神の控え捕手、金星、大阪を経て入団。

一塁の大沢清は大沢親分の兄貴、戦前は名古屋軍の名一塁手だった。

二塁の安井亀和は戦前は南海の名内野手。

三塁にようやく中央大学から生え抜きで入団した桑田武が出てくる。王や張本とデビュー年は同じ1959年で、この年本塁打王、新人王、しかし1年目がキャリアハイに終わった。

遊撃手は杉浦清。中日から移籍したが、杉浦の大洋在籍はこの1年だけだった。

左翼には「塀際の魔術師」巨人の明外野手だった平山。左翼手だったのだ。当時は右打者が多くて、左翼の攻守の外野手を配することも多かった。

中堅は巨人の中軸打者だった青田昇。戦後は大洋に7年在籍し、本塁打王を3回獲得。川上哲治のライバルになっている。

右翼は、職業野球第一号本塁打を打った藤井勇。1950年の成績はキャリアハイだった。

ほとんどが「借り物」だった大洋だが、投手は明治大から捕手の土井淳とセットで入団した秋山登。新人の年。25勝25敗という成績に時代を感じる。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!